助けあいジャパン

August 6, 2013

華香亭のシズル感

第16クール。眠くて眠くて終日ごろごろしている。本(今読んでいるのは「幕末期」半藤一利)。一度読んでも頭に入らないから、行ったり来たりして、なかなか話に乗り切れない。ただでさえ複雑な幕末の歴史。読めば読むほど興味深いのだが。怠さはあるが吐き気もほとんどなく(御陰さまで)、2週目。まずは順調です。

昼。お坊さんに来て頂き、病院でお盆の慰霊祭。恒例の行事。
けじめを付ける意味で、この時期にやるのはいいことだ。すっきりした。

おお、そういえば先日入手したバリカンにて1mm坊さんカット。
バリカンは最高に調子がいい。調子に乗るくらい気持ちいい。ふふふ。もっと早く買えばよかった。

午後は体が怠く、例の眠り。
うつらうつらして、やっと16時過ぎに目が醒めた。
不快な症状はないが、脳機能が落ちているみたいだ。すべてがスローだ。
副作用だろう。仕方ない。

ということで、
気分転換に梅田先生と以前からの懸案だった
横浜山手の「華香亭」へ。

以前、斎田キャプテンに教えてもらい
尚子と有季子と来た事がある。久しぶりの再訪。

長い歴史のある
ごくごく普通の
奇を衒っていない
美味しい「街の中華」

決して見た目がいい、
ファンシーな店でなない

思い出したけれど
昔の中華料理店は一階は椅子だったけれど、
二階以上は「座敷」が多かった。
ここんちも昭和初期(?)の面影を残す建物。

高級食材のグルメでない
デフォルトが一番だ
店のおやじさんが
鍋を振るってなんぼの
職人芸
That's It! 
これがいいのだ
それが最高に美味しい

南京町と言えば
ちゃっぷすい
懐かしい料理。語感
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%A4

昨夜は、炒飯、排骨麺、牛肉麺(梅田先生)
お土産にテークアウトで上海炒麺
美味しく頂いて、元気快復(単純明快>w)
さらに、値段がリーズナブル!

何と云っても、この店の雰囲気が素晴らしい。
長い間時間が止まっているような空間
ここんちは中華街を南京町と
呼んでいた頃の空気感がそのまま残っている。

この秀逸なライティングは
素晴らしい
ただ者ではない感じ

まさに、映画になったココリコ坂の山手。

たしかに当時、南京町はいつ来ても
不思議な秘密感と
緊張感のある
特別な場所だった

この空気感
時間の流れ
まるで映画のセットに
紛れ込んだようだ

このライティングも
ただものではない(笑)
何かを感じるなあ

おもしろいねえ(笑)

ハックル「猫目地蔵」の
イメージとちょっと被るか?

ああ、早く書かなくては(焦)
There was an error in this gadget