助けあいジャパン

August 25, 2013

本当に大切なもの

週末は断捨離をした

今回のルールも前回同様
『迷ったら捨てる』

まずデスク周りから開始。
大事だと思って取っておいた書類も
本当に保存しておく必要のあるものは
ほとんどないことに気づく

捨ててきたはずなのに
澱のようにの溜まる
書類、モノの類い

それらを
ばっさばっさと捨てる
シュレッダーをして
すっきり気持ちいい

後生大事に取っておいた
書類とくに、パソコン関連の
マニュアルやさまざまな本、
雑誌の書籍類が
大きくかさ張る

手間がかかるのが
シュレッダーの必要な文書の数々
もう使わない銀行関係や学校関係など
個人情報が出ているので注意しつつ
どんどん捨てる

一気にばっさばっさと
捨てる
見直していたら
キリがない
見たり読んだりしたら
捨てられない

前半だけで大きなゴミ袋で3袋

いかに自分がこれらの書類とともに
生活していたか、
これらの柵(しがらみ)に
捕われていたのかが
よくわかる

さらにクローゼットの中を
断捨離していたらどんどん
エスカレートして
ごみ大袋3袋になった

多分着ないであろうスーツやジャケット
セーター、靴。。。
想い出のあるものも

一気に捨てた

残していても
将来、着たり使ったりする
可能性はほとんどない

この選択で残したものは
本当に大切なもの
ばかりなのだ