助けあいジャパン

June 2, 2013

イギリス医学生との会話

2007年のブログ記事。日本イギリス双方でウケた話。本日発掘。

イギリス医学生との会話

僕の病院に研修に来ていたイギリス人の医学生、アリスター君の研修期間は、サッカーのWカップの真っ最中。連日の熱戦について、彼とは日本・イングランド双方の意見を戦わせ、盛り上がりました。その中での爆笑会話
=============================

イングランドが準々決勝でポルトガルに負けた朝。

僕「なあ、アリスター、(退場になった)ルーニーってのは、いい選手だけど、ありゃ「悪ガキ」そのままだな」

彼「同感っす。私生活が乱れすぎってのはイギリスでは周知の事実です。本人は賭けが大好きで破産寸前、奥さんも悪妻で有名です。」

僕「オーウィンは残念だったけどさ。オメーらにはジェラードもランパードもいたんだもんな。監督のエリクソンだって、オレはあんまり好きじゃないけど有能ではあるしな。」

彼「・・・・。でも負けちゃいました。く、悔しいっす(涙)」

僕「後半そこそこで、ルーニーの悪がきが退場だもんな。あそこで我慢してりゃな・・」

彼「ううう(涙)。だって彼、相手の別のタマ(Another ball)を蹴っちゃったんです。」

僕「だはは。あのガキが蹴っちゃったのはAnother ball(タマひとつ)じゃなくて、the other 2 balls(タマ二つ)だろーが!」

彼「(とほほ)、その通りっす」大爆笑!!!

さらに、畳み掛ける・・・

僕「なあアリスター、ここ日本じゃ、それをgolden ballsっていうんだぜ・・・」

彼「だから、オレたちは負けちゃったんですね・・・(がっくり)」

さらに爆笑!!