助けあいジャパン

March 8, 2009

ポイントはDedication

さとちゃんに頼まれて、午前中は二人で新宿へ向かう。留学カウンセラーというのは、イマイチ胡散臭いんだけれど、大体のシステムについては理解できた。今の時代、留学する事そのものは珍しくもないしそれほど難しくはない。でも正規のコースに進んで卒業出来るかどうかは、本人の努力次第なのだ。簡単なことじゃない。

留学先での、プレゼンの仕方だとかリーディングやレポートの書き方などの、いわゆるカレッジスキルを日本に居るうちに学ばせる、という懇切丁寧(すぎる!)商売が成り立ってるってコトなんだね。カウンセラーといっても営業トークなんだけど、その話を聞きながら、ふーんって感じで感心した。昔じゃ考えられない親切さ。つまり、それだけニーズがあるってことなんだろうけど。大学に入ってから提携の大学に短期留学(これはいわゆる遊学だ)するのがもっとも簡単かつ一般的であるけれど、僕はそれはあまり賛成できないので、今回ちゃんとした形での留学ならば、ひとつの選択肢としていいかな、と思った。せいぜいじっくりと考えてみればいい。君の人生は君のもので、すべてはこれから、なのだ。でも、あの甘えん坊の彼女が本当に一人で行けるのかね(笑)。

午後から合流したかみさん&ゆっつんと別れ、一人ジムへ寄り昨日摂りすぎたカロリー分を消費する。その後は床屋さんに行ったり自宅で本を読んだり昼寝したりと、うだうだうだうだと。来週は忙しいので休養に徹する。今度の日曜日まで家ゴハンが可能なのは一日だけの予定。がんばれ>オレ。
There was an error in this gadget