助けあいジャパン

February 24, 2009

巨星逝く


YKさんが亡くなった。日本画家の大御所。パリでの一人暮らしから帰国して約2週間。日本で逢いたい人と話をする時間も持てて、苦痛もなく今日の夕方、日本の親族に看取られ本当に眠るように逝った。経歴を読むと波乱万丈の人生。でもご自分の死期の近いことは十分ご承知で、飄々として穏やかな口ぶりでスタッフからも好かれる人柄だった。何にでもどんなことにでも合掌する姿は、「侍」を連想されられた。あっぱれな爺様だった。お墓は自分でフランスにすでに作ってあるそうで、遺灰をフランスに運んで向こうで、すでに故人となっているパートナーの女性のお墓の隣に埋葬するとのこと。

30数年間住んだパリの家はフランス政府が用意したもので、生活費そのほかはすべてフランス政府が出していたとのこと。芸術家に対する厚遇はやはりフランスの文化に対する意識の高さなんだろう。ただし、家に残った絵画はすべてフランス政府のものになるそうで・・・、はあ、さすがフランスだわ・・・と思ったりして。

いただいた画集は大切にしなくちゃ。
平和と命を見つめ続けた、本物の「サムライ」画家・YKさん、安らかに。
http://www.octobergallery.co.uk/artists/yoshida/index.shtml