助けあいジャパン

February 18, 2013

叙々苑賛歌

従姉妹が来てくれて、お見舞いに何がいい?と。
はいはい、それはもう、アレしかない。ボクがいつもご飯を一粒も残さず食べてしまう、アレだ。

僕はこの叙々苑の焼肉弁当が以前から大好き。あ、これ美味しいなあって思ったのはたぶん10年は経ってないんじゃないか。わりに新しい。バブルの頃は随分豪華になったものだけれど、今は実質本位でコンパクトになった。いわゆる普通の焼肉とは別のジャンルとして「焼肉弁当」は素晴らしいと思う。

甘ダレで優しく焼いてある柔らかいカルビ。絶妙のバランス。これってあのバランスにまで高めるには大変な試行錯誤があったんだと思う。ただ焼肉してご飯にのせるだけではなかなかうまく行かないはずだ。弁当だから熱々の焼肉じゃなくて「ちょっとだけ冷めている」っていうのもポイントなんだろう。レンジでチンする構造の弁当箱も付属してる親切さ。ナムルや煮豆、キムチもそれぞれ美味しい。

食欲がない時期には、助かるのだ(今は絶好調だけど)。少し食べてみようかな?と思える。もしかしたら、叙々苑焼肉弁当は「崎陽軒シウマイ弁当」にまで進化できるかも。あ、今半のすきやき弁当も好きだし。。。本当に食いしん坊なんだと思う(笑)。